ケアマネージャーマインド

ケアマネージャーマインド

ケアマネージャーマインド

ケアマネージャーになったばかりの頃は、
「何をしたらいいのか分からない」と言う人がいます。

 

一生懸命、たくさん勉強して試験に合格し、
研修も受けたはずなのに、
ケアマネージャーとして働き始めた途端に、
「何をしたらいいのか分からない」と戸惑ってしまうのはなぜでしょう。

 

ケアマネージャーの前職を見てみると、
殆どの人が介護現場や医療現場のスタッフで、
仕事のスケジュールは全て上の人の言うがまま、
つまり自分でスケジュールを考えなくても良い状況で仕事をしていたようです。

 

ですが、ケアマネージャーと言う仕事は、
自分でスケジュールを決めていかなければならない仕事です。

 

自分で判断し、自ら動いていくことが必要で、
そうしなければ何も進みません。

 

しかし、新人のケアマネージャーさんたちは、
次に何をすべきなのかが分からず、戸惑ってしまうのです。

 

また、介護施設や病院では、
そこに所属しているスタッフだけで仕事をしていますが、
ケアマネージャーとして働く場は、
同じ組織の人だけではありません。

 

むしろ、一緒に働くのは、外部の人たちばかりです。

 

ですから、たとえば小さなミスであっても、
ミスをすれば自分自身の信用に関わる大きな問題になります。

 

今までは、上司に叱られるというだけで済んでいたことも、
ケアマネージャーになったらすべて自分の責任です。

 

このように責任が今までとは段違いに重くなるので、
経験のないケアマネージャーが重圧に押しつぶされそうになるのは
仕方のないことかもしれません。→ケアマネージャーになるには【ケアマネージャー資格取得するために】

ケアマネージャーとして身につけるべきこと

新人ケアマネージャーが身につけるべきことは色々あります。

 

まずは、自分で間違いのないスケジュールを立てて、
仕事に対して責任を持つということが重要です。

 

ケアマネージャーとして自信を持って仕事をするためには、
自分でスケジュールを立てて、
それをミス無く実行できるようになることが第一です。

 

自信がつくと、事業所に電話をかけたり、
意見を述べることもできるようになるでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ